はじめに

皆さん、こんにちは。  『大学入試地学 -記述論述問題集-』 のホームページへようこそ。 

このサイトは、国公立大学の理科系を志望されている受験生の中で、 『地学』が得意で、二次試験本番では高得点を狙える切り札にしたい、 あるいは、 他の『理科』の科目が難しく、成績が頭打ちなので『地学』に活路を見出したい、 という方のために、二次試験『地学』攻略の強力なツールを、BEST戦略と絡めて提供する事を目的に開設しました。

マーク方式の入試センター試験と違って、本格的な記述論述式の問題が出題される二次試験対策に特化した、学習効果の高い自習用問題集を披露し、あわせて『地学』を選択する事による、合理的な入試突破の戦略を提案致します。 どうか、最後までお付き合い下さい。

もちろん、『地学』に関心のある学生や社会人の皆様も大歓迎です。

超マイナーな理系科目 『地学』

大学入試で『地学』は極めてマイナーな科目です。 

近くに大きな書店があれば、学習参考書のコーナーを訪れてみて下さい。 『英語』や『数学』、『物理』や『化学』等他の科目と比べて、圧倒的に存在感が薄く、関連書籍は本棚の片隅にひっそりと追いやられているでしょう。 センター試験『地学』の問題集には需要があり、そこそこ揃っていますが、記述・論述式の本格的な問題集は殆んど皆無な状況です。 予備校などの講座も同様です。

理由は極めて単純です。  二次試験で『地学』を選択できる大学・学部が限られているからです。

調べたところ二次試験で『地学』を個別に出題している国公立大学は46校あります。 しかし、東京大学でこそ全ての受験生が選択できますが、それ以外の大学は一部の理・農・教育学部のみ受験可能で、時には受験者が全くおらず試験自体が流れてしまった場合もあります。  私立大学に至っては、片手で数える程の学部でしか出題されていません。

実際、二次試験で『地学』を選択する受験生は、全大学合わせても年間せいぜい数百人程度でしょう。 受験業界にもビジネスの都合がありますので、二次試験『地学』のように小さ過ぎて旨味のない市場に資本と労力を投入したくありません。 それならば、文系受験生の需要が見込めるセンター試験『地学』や、他の科目に注力した方が、経営上合理的なのです。

こうした要因が参考書や問題集の過疎化をもたらし、『地学』敬遠を招く負の循環を生み出していて、二次試験で『地学』を出題する大学が増えない限りは、この状況は変わらないでしょう。

実は身近で面白く、必要性も将来性も高い『地学』

受験界における存在感は低下傾向の著しい『地学』ですが、実社会における重要性はかつてない程に高まっています。

3.11の東日本大震災と、それが引き起こした巨大津波や原発事故の影響は、経済や社会に深刻な爪痕を残していますが、地震や津波の発生メカニズム、その遠因となるプレートの移動などは『地学』のテーマそのものなのです。 最近、首都直下型地震や活火山の噴火による災害の予測が報じられていますが、正しい危機感を持って対処するには『地学』の知識が不可欠です。

世界的に脱原発ブームで、自然エネルギーが脚光を浴びていますが、自然エネルギーの供給源である地熱や太陽光、風力や潮力が、どのようなものか理解し活用するには、『地学』の知識が前提なのです。 仮に原発を全廃したとしても、使用済核燃料の後始末の問題は残ります。 そもそも放射性物質とは何か、どこから来たのか理解するのも『地学』の一部です。

原発から自然エネルギーに切り替えるとしても、タイムラグは数十年掛かります。 その間、安定的に調達できるという前提の上で、石油や石炭、天然ガス等を用いた火力発電に頼らざるを得ません。 そうした化石燃料がどのように生成して蓄積されたのか。  また、二酸化炭素を排出し続ける事による環境への影響はどのようなものか。  これらを考察するのも『地学』の課題です。

化石燃料の安定的な調達を妨げる要因としては、中東や周辺諸国の地政学的リスク(戦争やテロの事)や、燃料費の高騰による貿易赤字の拡大と、それに伴う財政的リスク等が挙げられます。  これは『地学』のテーマとは違いますが、見落とせない重大な問題です。

エネルギー産業は、これからの時代の花形となる事は間違いありませんから、『地学』を今から率先して学んでおくメリットは計り知れません。 しかし、それよりも何よりも、社会の根幹であるエネルギーや環境、防災を論じるには『地学』の知識が必須で、それを欠いてしまうと、目先の利益や人気取りの言説に惑わされ、扇情的な報道に流されて、合理的な判断ができなくなってしまうのです。

天文学も熱い分野です。 最近、惑星探査機はやぶさや、皆既日食が話題となりましたが、最前線の研究では約137億年前の宇宙の誕生やその全貌について、興味深い発見が相次いでいます。 時間も空間も桁外れなスケールの世界に視点を据えてしまうと、私達の身の回りの出来事など、塵芥のように瑣末な問題に思えてしまいます。

とはいえ、目前に迫った受験までどうでも良くなってはいけませんので、ここでは深入りをしないようにしましょう。 とりあえず『地学』が私達の日常に密接に関わり、単に興味深いだけでなく重要性も将来性も高い科目である事は、十分にご理解頂けたと思います。

二次試験で『地学』を選択する戦略的メリット

『地学』をチョイスする利点、それは先ず第一に、短期間で合格ラインをクリアできる事 です。

国公立大学の二次試験の合格ラインは、医学部を除く理系学部で、合計6割~6割5分程度でしょう。 『地学』は言わば『理科の総合科目』であり『物理』や『化学』の基礎知識も必要です。 もし既にセンター試験の『物理』や『化学』で7割取れる水準にあるなら、二次試験『地学』で合格点を取るのに、3ヶ月程度の準備期間でも十分に対応する事が可能です。

国公立大学の二次試験では『英語』や『数学』以外に『理科』も2科目選択しなければならない場合があり、『国語』を課される大学もあります。 それ以前にセンター試験があり『社会』も準備しなければなりません。 受験勉強は時間との戦いでもあります。 準備にあてられる全時間の1割以下で、合格ラインまで引き上げられる『地学』は、費用対効果の極めて高い科目と言えます。

第二に『地学』には 知識量で対応できて成績が安定的 という性質があります。 『物理』や『数学』等はセンスを要する上、最初の設問でつまずくと連鎖的に失点し成績にバラツキが出る不安定な科目ですが、『地学』は設問ごとの独立性が高く、部分点を稼ぎ易い側面があります。 これは大崩れするリスクが少なく、得点を確実に計算できるという事で、精神的な安定感をもたらします。

特に、東京大・京都大・東北大・名古屋大・九州大・北海道大・神戸大・筑波大・首都大学東京などの一流大学は『理科』2科目受験が必要で、なおかつ『地学』を選択する事も可能なので、『地学』が持つメリットを生かす戦略はとても有効です。 『物理』も『化学』も得意で、ハイレベルな出題をするこれら一流大学に対しても合格点を取れる方はともかく、『物理』や『化学』のいずれかがどうしても目処が立たないという方は、『地学』の選択を視野に入れてみるのも一つの方法です。

後は、二次試験に対応した問題集さえあれば、情報不足というデメリットは解消され、『地学』を敬遠する理由もなくなる筈です。

『大学入試地学 -記述論述問題集-』 サンプル版のご提供

改めまして、大学入試地学研究会による 『大学入試地学 -記述論述問題集-』を紹介致します。     無料サンプル版をご覧下さい。 ファイルはPDF形式、容量は約2.6MB、全157ページです。  閲覧用ソフトが必要でしたら、以下のアイコンから Adobe Reader 最新版をダウンロードして下さい。  如何でしょう?  サンプル版を問題なくご覧になれますか?

  

  

この問題集では『地学』を5つの分野に分けており、問題数は全部で46問あります。 サンプル版では全ての問題文と、一部の問題について解答・解説を公開していますが、それ以外の問題は解答・解説を非公開とし、コピー&ペーストや印刷機能を制限してあります。 もちろん正式版にはそうした制約はありません。 このサンプル版は、正式版に2工程余分に手を加えたものです。 

更に、解答解説に頼らず全ての問題に挑戦したいという意欲的な皆様のために、問題のみのサンプルも用意しました。 こちらはプリントアウトが可能ですので、併せてご利用下さい。

 

東大『地学』は特に狙い目!!

二次試験で『地学』選択のメリットを最も享受できるのは、東大理系の前期日程(特に理科1類と2類)の受験生です。  これから、東大理系の受験生に焦点を絞ってお話します。  東大を受験する予定のない方は、この章を飛ばして頂いても結構ですが、よろしければお付き合い下さい。 

『東大理科』は『物理』『化学』『生物』『地学』の4科目から事前に届けた2科目を150分で解く、各60点、計120点満点の試験です。 (他に、英語120点、数学120点、国語80点で計440点満点)

さすがに東大の問題はレベルが高く、簡単に得点させてくれません。 他の大学なら、合格ラインは全体で6割~6割5分程度でしょうが、東大の場合、理科3類(医学部)は別として、理科1類と2類ではセンター試験で8割5分以上得点している事を前提として、合格最低点は例年、440点満点中230~40点で推移しています。 (大学が正式に公開している情報で、大手受験予備校のサイトでも確認できます。)

つまり、二次試験全体で5割5分得点すれば合格ラインに達するのです。

とはいえ科目数が多く、『国語』では理系も古文・漢文が課されますし、『英語』では重厚な読解問題に加え、リスニングや作文もあります。 『数学』は難易のバラツキが大きく、得点しにくい事で有名です。

入試の合否は総合得点で決まります。 東大の場合、受験者数が多く、合格ライン上には数十人が並びます。  1点が勝敗を分ける本番に向けて、全科目バランス良く得点するか、あるいは、勝負を賭ける得意科目と、ある程度捨てて掛かる不得意科目とを分けて挑むか、戦略を立てる必要があります。

戦略を立てる上で、『理科』の位置づけを考えて見ましょう。 理系である以上、『理科』で得点できなければ話になりません。 2科目合計で最低でも6割は確保したいところです。 『東大理科』の特徴は、概ね以下の通りです。

******************************

『物理』: 標準的な問題3題で構成される。 力学・電磁気学が必出で、残りは熱・波動・光から出題。 得意にすれば制限時間内で十分、高得点を確保できるが、逆に基礎が危うければ満足に得点すらできない。 マスターするまでのハードルが高く、個人差もある。

『化学』: 理論・無機・有機から1題ずつ出題され、1大問が2題に分かれる場合が多く、計4~6題出題。 新傾向の思考型難問が多く、記述・計算量ともに多い。 制限時間内に解き終えるのは至難の業。 以前は有機化学が狙い目だったが、最近は難化している。

『生物』: 主に分子遺伝、代謝、反応と調節、発生、生態、進化・分類などの分野から3題出題。 実験絡みの思考型問題で、リード文が長く論述量も多い。 処理に時間が掛かり、制限時間内に解き終えるの難しい。

『地学』: 地球物理(大気・海洋含む)・天文・地質・岩石・鉱物などから4~5題出題。 他科目の知識が必要な総合問題も出され、問題量・記述量共に多く、時間内に処理するのは難しい。 しかし知識で対処できる問題も多く、部分点を稼ぎやすい。 8割以上の高得点を狙うのは難しいが、6割程度を目指すなら、4科目中で最もハードルが低い。

******************************

『地学』と最も相性の良い科目は『物理』です。 重なる部分も多く、既に『物理』をマスターしているなら、2科目合計で7割以上の高得点も十分可能です。 『地学』という科目の性質上、高得点を狙いに行く事も、帳尻合わせに使う事も可能です。 他の科目で4割も覚束ないようであれば、思い切って『地学』に逃げるという手もあります。

何より重要なのは、受験勉強全体に占める『地学』の割合を低く抑えて、『英語』や『数学』など、配点の高い主要科目の底上げを図る為の時間を余分に確保できるというメリットがある事です。  あくまで、入試の合否は総合得点で決まるからです。

2013年東大入試前期日程で問題が的中!!

『大学入試地学 -記述論述問題集-』発売以降、初めて実施された 2013年度の東大入試地学 と内容が似ている収録問題がありました。 的中と言ってもよい程の類似です。

第一問の食連星の問題。 これは、本編第5章『惑星・宇宙』の第10問・11問のテーマそのものです。 更に、付録の 『短期完成七日間』 9ページの問題と酷似しております。 これらの問題に目を通しておられた受験生は圧倒的に有利であった事でしょう。

第二問の気象の問題については、本編第4章『大気・海洋』の第2問・3問が、海流の問題については、第9問・10問が類似の内容です。 解答・解説を参照されただけでもお役に立ったと思います。

第三問の地震の問題についても、本編第1章や付録にて、関連事項を多く取り扱っております。

二次試験『地学』の攻略法

本格始動に当たり『大学入試地学 -記述論述問題集-』以外に用意すべきものを列挙します。

1) 教科書: 学校で使用されているもの。 あるいは『新しい高校地学の教科書』(講談社)。

2) 参考書: 書店で立ち読みして、辞書代わりに使えそうな、最も相性の良いものを。

3) インターネット: 『地学』の独習者にとって、情報収集のために不可欠です。

4) 過去問: 志望する大学の直近の過去問5年分。  (東大は駿台文庫の青本などで10年分)

5) 模擬試験: 『地学』の模試問題は市販されていないので、できるだけ受けて集めましょう。

この中で最も重要なのは、4)の過去問です。 入学試験でも資格試験でも他の科目でも同様で、受験勉強は過去問に始まり過去問に終わるといっても過言ではないくらい重要です。 先ず最初に過去問に当たりましょう。 当然、歯が立ちません。 しかし、出題者がどのような内容について、どの程度の水準で、受験生に解答を期待しているのか、しっかりと把握しておいて下さい。

1)から3)は知識の習得、インプットの為のツールです。 『地学』は超マイナー科目で、本格的な参考書は皆無に近いと書きましたが、インターネット上には受験生が独力で『地学』を勉強する手助けとなる、優れたサイトがあります。 本格的な学習を開始して、調べ事をすれば、すぐに見つけられるでしょう。 ですから、参考書が乏しくても、インターネットにアクセスできる環境があれば、知識の獲得にはそれほど困る事はありません。 

4)と5)は答案の作成、アウトプットの為のツールです。 せっかく習得した豊富な知識も、出題者の意図を正しく汲み取って、適切な形で答案にまとめ上げなければ得点になりません。 記述・論述式が中心の二次試験『地学』では、この演習がとても大切なのです。 しかし、ここで問題があります。  4)も5)もアトランダム(at random)に、高水準の内容について、解答を求めてきます。 知識を習得していきなり、このレベルに対応しろというのは無理な注文です。

『地学』に限った事ではありませんが、実戦演習の前段階では、知識を体系化して、記述・論述問題のパターンに慣れる必要があります。  他の科目には、そのための参考書や問題集が豊富に揃っていますが、『地学』にはそれがありませんでした。  そこで、その役割を果たすために今回作成したのが、『大学入試地学 -記述論述問題集-』なのです。

改めて、問題集のサンプル版をご覧下さい。 問題数は46問、1日2~3題ずつ解いたとして、3週間もあれば終わらせられる分量です。 初回は手間取るかもしれませんが、2回目は2週間、3回目以降は1週間以内に一通り見直せるようになります。 何度も繰り返し、知識を定着させパターンを学習したら、再度過去問に挑みます。 するとどうでしょう。 遥か高みにあった過去問が、いつの間にか射程圏内に入っていませんか? 問題集の解答よりも、洗練された答案が書けるようになっていませんか? 後は他の科目の進捗状況を考慮して、高得点を狙いに行くか、そこそこで切り上げるか、判断しましょう。

『大学入試地学 -記述論述問題集-』 正式版および特典のご案内

お手元のサンプル版には、一部の問題にしか解答・解説がありません。 それ以外の問題について、全て独力で正解されたなら、正真正銘、本物の実力を獲得される事でしょう。 しかし、当サイトでは『地学』の習得に多大な時間と労力を費やす事を、推奨しておりません。 むしろ受験勉強全体のバランスを考えて『地学』の占める割合を極力抑えられるプランを立てるべきと申し上げております。 そもそも、二次試験で『地学』を出題している国公立大学は、センター試験も含めて出題科目数が多く、準備しなければならない事が山積している一方で、皆さんに与えられている時間は限られているのです。

正式版の『大学入試地学 -記述論述問題集-』は個々のテーマについて、背景を含めて詳しく解説しており、知識を適切な表現で答案にまとめるノウハウを提示しております。 正式版をご利用頂ければ、習得に要する貴重な時間とエネルギーを、大幅に節約できる事を保証致します。  『大学入試地学 -記述論述問題集-』の内容をご評価頂けましたなら、是非とも正式版の購入をご検討下さい。

税込価格  5300円  にて提供させて頂いております。

こちらからご購入の手続きについて、ご案内致します。   が、その前に一つ特典のお知らせを。

  

正式版をご購入頂いた皆様に、総仕上げのための演習書 『大学入試地学 -短期完成七日間-』 をもれなく進呈致します。 全91ページ、約0.9MBのPDFファイルで 『記述論述問題集』 正式版と同時にダウンロードできます。

これは『記述論述問題集』を一通り終えられた皆様が、冬休みやセンター試験後などの一週間を使って集中的に『地学』の実戦力を強化して頂くために、ユニークでバラエティに富んだ42問を、7セットの模擬試験形式に編集したものです。 『記述論述問題集』の46問では手薄だった分野もカバーしており、量的にもまず十分と言えるでしょう。  もちろん、解答・解説も充実しています。  『地学』の模試問題が市販されていないデメリットもこれで一挙に解消です。  追加料金は一切かかりません。

それでは改めて、ご購入の手続きについてご案内致します。

   

受験生の皆様のご健闘を心よりお祈り申し上げます。              大学入試地学研究会一同